So-net無料ブログ作成

ガレージドアの塗装 [BMW 325i Touring]

 前回ガレージドアを塗装してから2年が経ち、色ムラや表面のひび割れが目立つようになってきたため、再び塗装することにしました。塗装する前にひび割れの補修をしておきます。ひびや割れが見られる部分に木工用接着剤を盛って、柔軟性のあるステンレスのへらで均(なら)します。すると接着剤がひびの中へ押し込まれると同時に余分な接着剤が掻き取られて平らになります。接着剤を良く乾燥させたら、塗料の乗りが良くなるように表面をサンドペーパーで荒らしておきます。塗料は前回使用した浸透性塗料「キシラデコール」の残りを使用しました。今回は目止めに木工用接着剤を使用しましたが、接着剤には塗料が浸透しないので予想以上に補修跡が目立ってしまいました。被膜を作らない浸透性塗料を塗る場合にはパテを使って埋めた方が良かったかも知れません。

DSC06062 (1).JPG
塗装前に梯子をかけて細部まで状態をチェック

DSC06061.JPG
色ムラやひび割れが生じている

DSC06064.JPG
木工用接着剤を注入して補修する

DSC06065.JPG

DSC06066.JPG
表面をステンレス製のフレキシブルなへらで均す

DSC01588.JPG
塗料はいつものキシラデコール

DSC06067 (1).JPG
塗装が終わる頃には夕日が射していた

nice!(24)  コメント(2) 
共通テーマ:アート