So-net無料ブログ作成

五島・長崎 教会巡り(4)中通島 Part 1 [五島・長崎 教会巡り]

 中通島(なかどおりじま)は五島列島では福江島に次いで大きな島になります。リアス式の海岸線は入り組んで切り立った崖が続き、平地が少ない島という印象を受けました。その島内には29ものカトリック教会があると言われています。先日そのうちの9か所を見学して来ましたので、3回に分けていくつかを紹介したいと思います。

【冷水教会】
 冷水教会は中通島の北部にある奈摩湾を望む海岸線に建つ小さな木造の教会です。中通島出身である鉄川与助が初めて設計施工した教会として知られています。与助は代々宮大工の棟梁であった家系に生まれ、1906年(明治39年)に27歳で家業を継いで鉄川組を立ち上げました。翌1907年(明治40年)に棟梁として初めて設計施工を担当したのがこの冷水教会でした。単層構造の瓦葺き屋根で正面中央に八角の塔を有します。内部は三廊式になっており、天井はこの後に建設する教会でも数多く導入した4分割リブ・ヴォールト天井(こうもり天井)を取り入れています。

DSC05119.JPG

DSC05121.JPG

DSC05133.JPG

DSC05139.JPG

DSC05141.JPG

【青砂ヶ浦天主堂】
 青砂ヶ浦天主堂は、前述の冷水教会とは奈摩湾を挟んで対岸に位置しています。鉄川与助の設計施工により、冷水教会の完成から3年後の1910年(明治43年)に建てられました。与助は冷水教会建設後にいくつかの教会を建設していますので、そこで得たノウハウを導入し、冷水教会とは異なる様式の洗練された教会を完成させました。構造は木造からレンガ造りに変化し、屋根は重層構造を取り入れています。内部は三廊式の4分割リブ・ヴォールト天井を踏襲していますが、より豪華で手の込んだ内装に仕上げています。室内の彫刻は宮大工であった父・与四郎が手伝ったと言われています。残念ながら内部は撮影禁止のため写真はありませんが、今回見学した多くの教会の中でも最も美しい内装でした。我が国のレンガ造りキリスト教建築の起点となった建造物として、国から重要文化財の指定を受けています。

DSC05111.JPG

DSC05101.JPG

DSC05116.JPG

DSC05109.JPG

【丸尾教会】
 丸尾教会は鉄川与助の生誕地である中通島・丸尾郷に建つ白亜の教会堂です。1972年(昭和47年)に完成した現在の建物は鉄川与助が93歳の時に手掛けた生涯最後の教会でした(正確には与助が営んでいた鉄川工務店の設計施工)。鉄筋コンクリート造り、単層構造屋根、内部は平床平天井と、与助が多く手掛けたゴシック様式とは異なりますが、八角の塔と尖頭アーチを模した窓は往年の与助スタイルを彷彿とさせます。正面入口の幾重にも重なるように突き出た尖頭アーチ形の美しい庇がこの建物の特徴となっています。鉄川与助の墓はこの近くにあり、晩年を過ごした横浜から故郷に帰って安らかな眠りに就いているということです。最後に手掛けた作品が生まれ故郷の教会であったというのは何かの因縁でしょうか。

DSC05147.JPG

DSC05153.JPG

DSC05157.JPG

nice!(30)  コメント(10) 
共通テーマ:アート