So-net無料ブログ作成

池のほとりの動植物 [Singapore]

 赤道直下に位置するシンガポールの池のほとりには、南国特有の珍しい動植物もあれば、日本で見られるものと類似の動植物もあり、被写体には事欠きません。

DSC01887.JPG
南国を代表する花 プルメリア

 いかにも南国らしい花の代表格がプルメリアでしょう。カリブ海辺りが原産で、太平洋の温暖な島々にも広く分布しています。肉厚な花弁と淡い色のグラデーションが美しく、ハワイではレイを作る際に良く用いられます。

DSC01924.JPG
子供が乗っても沈まないオオオニバスの葉

 水面にはオオオニバスが見られます。アマゾン川流域が原産のこの植物は、大きなものでは直径3メートルにも達する円形の葉の縁が10cmほど立ち上がってお盆のようになっているのが特徴です。子供が乗っても沈まないくらいの浮力を発生することができるそうです。花は大きな葉とは不釣り合いなくらい小さく、普通のハスと似たような花を咲かせます。

DSC01912.JPG


DSC01913.JPG
シオカラトンボに似たトンボ


DSC01917.JPG


DSC01921.JPG
アキアカネに似たトンボ


DSC01922.JPG
 日本で普通に見られるスイレンと似たような品種も多く見られます。そこに集まって来るトンボもシオカラトンボやアキアカネに良く似ています。遠く離れた日本との共通点も多く、ファインダを覗いていると異国にいることを忘れてしまいそうでした。

nice!(28)  コメント(8) 
共通テーマ:アート