So-net無料ブログ作成

高音質CDでジャズを聴く [audio]

DSC05729 (1).JPG

 いよいよ10連休の大型ゴールデンウィークが始まりました。海外旅行者数は過去最高、高速道路は連休中毎日渋滞が予想されています。こんな時は敢えて遠出はせず、家で好きな音楽を楽しむのも良いのではないでしょうか。今日は高音質でジャズ・ボーカルが聴けるCDと、それらを歌う女性シンガーを紹介します。


【Take Love Easy / Sophie Milman】
 Sophie Milmanは1983年にロシアで生まれました。7歳の時にイスラエル、15歳の時にカナダへ移住し、現在もカナダで活躍するジャズ・シンガーです。トロント大学の学生でもあり、2児の母でもあるということです。2枚目のアルバム「Make Someone Happy」(2007)ではカナダのグラミー賞と言われるジュノー賞の最優秀ボーカルジャズアルバム賞を受賞しています。Soft and Cool voiceで知られたPeggy Leeと比較されることが多く、Sophieの歌声は「煙ったラウンジやグラスの音、夜風の冷たさを想起させる」などと形容されています。多彩な文化の中で育った彼女が歌うジャズはアメリカ人やカナダ人のそれとは一味違うテイストを持っています。
 「Take Love Easy」(2009)はSophie Milmanの3枚目のアルバムになります。スタンダード・ジャズのみならず、Joni Mitchellの「Be Cool」、Bruce Springsteenの「I'm on Fire」、Antonio Carlos Jobinの「Triste」、Paul Simonの「50 Ways to Leave Your Lover」をカバーし、フォーク、ロック、ボサノバ、POPSなどあらゆるジャンルの音楽をJazzyに歌い上げています。Sophieの声はクールすぎるくらいクールです。幼ささえ感じさせる容姿とは裏腹に非常に姉御的な歌い方をします。しかし、例えばDiana Krallの姉御っぽさが「私について来なさい」的な包容力を感じさせるものとすれば、Sophie Milmanのそれはどこか突き放したような悪く言えば感情を押し殺した冷たさを感じます。録音も彼女の歌声に合わせてクールで端整な音質に仕上げられています。レコーディングはカナダのフリーランスエンジニアJohn 'Beetle' Baileyが担当しています。写真のCDはamazonで購入した輸入盤なのですが、紙ジャケ仕様のため表面が擦れてすぐにボロボロになってしまいます。通常のプラスチックケース仕様が選べるようにしてもらいたかったです。また、これは個人的な感想ですが、ジャケットの写真が安っぽい週刊誌のようでとても残念です。

DSC05731 (1).JPG



【Heart First / Halie Loren】
 Halie Lorenは1984年にアラスカ州のシトカで生まれ育ちました。幼少期にジャズやカントリーを好んで聴き、10歳の頃には地元のイベントなどの人前で歌って喝采を浴びていたそうです。大抵の少年少女がPOPSに傾倒する11歳頃からDiana Krallのジャズに深く影響を受けていたと言いますから、相当におませな少女だったのでしょう。13歳でオレゴン州に移り住み、15歳の頃からはプロとして歌い始めていたそうです。Halieはオレゴン大学でビジュアルアートの学位を取得しています。メジャーデビューアルバム「They Oughta Write a Song(邦題:青い影)」(2008)が日本を皮切りに北米でも大ブレイクし、Billboard、amazon、iTunesなどのトップチャートに名を連ねるようになりました。2011年の東日本大震災の際にはいち早く被災者を憂慮するメッセージを発信すると共に、地元オレゴン州でチャリティーコンサートを開催するなど親日家でもあります。
 「Heart First」(2011)はHalie Lorenの5枚目のアルバムになります。スタンダード曲に交じってシャンソン、レゲエ、ラテンや彼女自身のオリジナル曲も含まれています。12曲目の「In Time」は東日本大震災の被災者に捧げるためにHalie自身によって作られたオリジナル曲で、「時が全ての傷と悲しみを癒してくれますように」とのメッセージが添えられています。日本版にはボーナストラックとして「いとしのエリー」の英語詞曲「Ellie, My Love」とLouis Armstrongの「What a Wonderful World」が収録されています。Halie Lorenは上述のSophie Milmanとは対照的に過剰なほどに感情を込めて歌います。妖艶な色香を放つ高音部のウィスパーボイスは彼女の特徴的な歌唱法と言えるでしょう。また、拍や旋律を原曲からずらして歌うことでオリジナリティを加えようとする試みが随所に見られます。しかし個人的には「Taking a Chance on Love」や「Fly Me to the Moon」はやや崩し過ぎのような気がします。Halieはアートを学んだだけあって、彼女自身がセルフプロデュースしたこのアルバムのビジュアルデザインは秀逸です。Halieの妖艶な歌声のイメージに相応しく、ジャケ買いを誘う出来栄えです。

DSC05735 (1).JPG



【Home / Jane Monheit】
 Jane Monheitは1977年にニューヨーク州のロングアイランドで生まれました。彼女の祖母と叔母がプロのシンガー、母親がミュージカル俳優という環境で育ち、幼少期から音楽センスが磨かれて行きました。10代の頃は学校でクラリネットや音楽理論も学びました。その後、声楽を学ぶためにマンハッタン音楽学校に入学し、1999年には首席で卒業しています。現在彼女のバンドのドラマーであり夫でもあるRick Montalbanoとは同校で出会い、卒業後に結婚しています。1998年、20歳の時にセロニアス・モンク・ジャズ・インスティチュートのボーカル部門で2位を獲得し、メジャーデビューのきっかけをつかみました。デビューした後はレーベルを転々とし(私が把握しているだけでも7つのレーベル)、現在は自主製作CDのオンラインショップ「CD Baby」がディストリビュータとなっているようです。
 「Home」(2010)はJane Monheitの10作目のアルバムで、Emarcyレーベルから発売されました。そのタイトルが示す通り、Janeが拠り所としているスタンダード・ジャズの黄金時代を象徴する12曲を選曲しています。それらを作詞または作曲したArthur Schwartz、Richard Rodgers、Lorenz HartらはJaneが最も敬愛する作家たちなのだそうです。以前にも書きましたが、彼女はジャズシンガーとしては珍しく伸びやかで透明感のある美声の持ち主です。正確な音程と相まって、どんな曲でも安心して心地良く聴いていられます。彼女お得意のスキャットは奔放に跳ね回るように歌われますが、正確な音程とリズム感が故に、即興的な雑味を一切感じません。このアルバムでも彼女の魅力が遺憾なく発揮されています。

DSC05733 (1).JPG



nice!(32)  コメント(6) 
共通テーマ:アート

nice! 32

コメント 6

slowhanded

おぉ、さすがZZA700さん。
よくご存じですなぁ。slowはせいぜい
Helen Merrillくらいしか知りませぬ。。。(;・∀・)
by slowhanded (2019-04-28 19:22) 

ZZA700

slowさん
いえいえ、もちろん全部を記憶していた訳ではないですよ。
記事にするに当たって、細部は調べたり間違いがないかチェックしたりしています^^;
私は逆にHelen Merrillさんを知りませんでしたよ^^;
by ZZA700 (2019-04-28 22:54) 

ナビパ

ジャズを含め音楽にとても無知なんですが
何故か?オーディオの機材だけには若い頃に懲りました。
メカ好きって事で。。。(笑)
ジャズだとアナログが合いそうですが今はもうデジタルですよね。?
by ナビパ (2019-04-29 18:18) 

ZZA700

ナビパさん
オーディオ機材は大抵の男の子が通る道ですよね^^
ジャズに興味を持ち出したのはCDの出現以降ですので
私は専らCDで聴いています。
アナログレコードにこだわるジャズファンも多いですね^^
by ZZA700 (2019-04-30 14:12) 

gillman

ミルマン良いですねぇ、ぼくも大好きです。
by gillman (2019-05-01 19:24) 

ZZA700

gillmanさん
そうですか、gillmanさんもSophie Milmanがお好きでしたか。
あのクールでどすが利いた歌い方は彼女ならではの魅力ですね^^
by ZZA700 (2019-05-01 22:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。