So-net無料ブログ作成

BMW 325i Touringのリコール [BMW 325i Touring]

 先日突然に下の写真の手紙が届きました。次々と電装部品が壊れる325i Touring(E91)なので、既に何回もリコールされていても良いくらいなのですが、実際には今回が初めてのリコールです。さては相当に危険なトラブルなのでしょう。手紙には次のように書かれていました。「エンジンのブローバイガス還元装置において、ブローバイガスヒーターの成形加工が不適切なため、 外装樹脂に亀裂が発生するものがございます。そのため、亀裂に水分が浸入すると拡大し、樹脂内部にある電熱線ヒーターの回路が短絡して、警告灯が点灯いたします。そのままご使用を続けると、ヒーターが異常発熱して外装が溶け、最悪の場合、火災に至る可能性がございます。」

DSC04103.JPG


 ブローバイガスというのはピストンリングとシリンダ壁の隙間から吹き抜けてしまう未燃焼ガスで、これがクランクケースに溜まると圧力が増加するとともに、オイルやガスケットを劣化させる原因となってしまいます。そこでクランクケースからブローバイガスを取り出す経路を作り、途中でオイルミストと未燃焼ガスを分離して、未燃焼ガスだけをインテークマニホールドに戻して再燃焼させています。ところが、圧力の低いインテークマニホールドに戻されたガスは急激に膨張して温度が低下します。すると条件によっては未燃焼ガスに含まれていた水分が凍結して氷の粒が発生し、エンジンにダメージを与えかねません。これを防ぐために設けられたのがブローバイガスヒーターなのです。


heating_element.jpg
ブローバイガスヒーター


 車両火災になっては困るので、早速近くのディーラーに連絡して修理をしてもらうことにしました。予約が1週間先まで一杯でしたが、予約日に車両を持ち込むと3時間半程度で修理が完了しました。減っていたエンジンオイルをサービスで1リットルほど入れてくれました。補充しなきゃと思っていたところだったのでちょっと得した気分でした。さて、次はどこが壊れるか不安のような、楽しみのような......。

DSC04122.JPG

nice!(24)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

nice! 24

コメント 4

さる1号

さては相当に危険な・・・・火災にまでいった車両があったのかな@@;)
by さる1号 (2018-06-25 20:57) 

ZZA700

さる1号さん
きっと燃えましたね( ̄ー ̄)ニヤリ
by ZZA700 (2018-06-26 08:18) 

ナビパ

事例があってのリコールなのでしょうね。
無事に終了して良かったです。
でもメーカーも大変ですね。
by ナビパ (2018-06-26 20:12) 

ZZA700

ナビパさん
おそらく重大な事例が起きたのでしょうね。
リコール費用は莫大になりますから、信頼性は充分に検証してから販売しなければなりませんよね。欧米の電装品は日本の物に比べてそこが弱点だと思います。
by ZZA700 (2018-06-26 20:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。