So-net無料ブログ作成

スターターボタン脱落 [ZZ-R1100]

気候が良くなったので久しぶりにZZ-R1100に乗ろうと思い、エンジンのスターターボタンを押しました。すると、事も有ろうにそのボタンがポロリと脱落してしまいました。樹脂製のボタンが付け根から割れてしまったのです。このバイクはもう22歳ですから、プラスチック部品にはそろそろ寿命が来ているようです。ボタンが取れて露出した基板の上にある同心円状の2つの電極をショートさせればスターターモータは回るのですが、駐車するたびに壊れたボタンを押し当ててエンジンを始動するのも面倒なので、この日は走るのを諦めました。早速バイク屋さんに電話して部品を取り寄せてもらうことにしました。ボタンのみでは購入できないため、右側のスイッチボックスを丸ごと交換になるとのことでした。それにしてもまだ部品の在庫があるのはありがたい限りです。

DSC09552.JPG

ボタンが取れて露出したクリーム色の基板。同心円状の電極をショートさせるとスターターモータが回る。

DSC09554.JPG

脱落したボタンとバネ。ボタンの左端に縦にピンが通っていたが、その付け根が割れてしまった。

DSC09553.JPG

ボタンの裏側。こちら側から見ると右端にピンが通っていた。

スイッチボックスは2~3日で届きました。古いスイッチボックスを外して新しいものと交換すれば完了、のはずでした。しかし新しいスイッチボックスを良く見ると、何だか見慣れたものとは違います。何とヘッドライトスイッチがありません。国内ではオートバイのヘッドライトが常時点灯になったのに合わせて、逆輸入車のリペア部品まで常時点灯仕様に変更されていたのです。今まではメイン灯点灯、ポジションランプ点灯、全消灯の3つが切り替えられたのですが、メイン灯を常時点灯させてしまうとバッテリーの消耗が心配になります。どうにかならないものかと思いながら古いスイッチボックスを外し始めると、クリーム色のスターターボタン基板だけを交換できそうな気配がしてきました。新旧の基板では形が微妙に違うのですが、ボタンと固定ネジの位置関係は同じに見えます。基板のはんだ付けを外して新しい基板を古いスイッチボックスに入れてみると、ネジ穴の位置は全く同じでした。ほっと胸を撫で下ろし、はんだ付けをして元通りに組み付けて作業終了です。スイッチボックスを丸ごと交換するためには燃料タンクを下ろしてエアクリーナボックスを外し、その下にあるカプラからハーネスを切り離さなければならなかったので、結果的にはボタンだけを交換して正解でした。

IMG_0538 (1).JPG

新しいスイッチボックス。キルスイッチとスターターボタンの間にあるはずのヘッドライトスイッチがない!

IMG_0536 (1).JPG

スイッチボックスの内部。古いもの(左)と新しいもの(右)。上方のクリーム色のはんだ付けされた部品がスターターボタン基板。

DSC09556.JPG

一件落着。スターターボタンだけが新品の輝き。


nice!(31)  コメント(8) 
共通テーマ:アート

nice! 31

コメント 8

ナビパ

部品があるのは本当にありがたいですね。
でもアッシーでボックスごとはちょっとお高いかもです。
工夫して無事に直って良かったです。
ビビへのお祝いコメントをありがとうございます。m(_ _)m
by ナビパ (2016-04-24 06:45) 

さる1号

逆輸入車のリペア部品まで常時点灯仕様に変更とは・・・
従来品を取り寄せるには海外のバイク屋さんに発注するしかないのかなーー;)
by さる1号 (2016-04-24 08:54) 

ZZA700

ナビパさん
電気製品なら7~8年で修理不能と言われますが、
自動車関連の部品保有期間は長いから助かります。
純正のスイッチボックスはサードパーティの製品の半額くらいでしたので
迷わず純正のものを購入しました。
by ZZA700 (2016-04-24 16:35) 

ZZA700

さる1号さん
部品の発注はバイク屋さんにお任せだったので、
従来品が購入できるか否かはわかりません。
ただ、常時点灯品がメーカの推奨だったことは確かなようです(;_;)
by ZZA700 (2016-04-24 16:38) 

たくや

輸出仕様の方が常時点灯が早かった記憶がありますよ。
無事に交換で来て良かったですね~
by たくや (2016-04-24 18:12) 

ZZA700

たくやさん
仕向地によっては早く導入された国もあったようですね。
国内では1998年以降に発売された車両は輸入車でも常時点灯が義務付けられるようになったそうです。
by ZZA700 (2016-04-24 19:47) 

slowhanded

あれれ?先ほど入れたコメントがない。。。(;・∀・)

気を取り直して、
今から20数年前にFZ750の北米仕様に乗っていましたが
やはりライトスイッチがなかったので、友人に頼んで加工
取り付けしてもらいました。現在の車両運行法では二輪車
のライトはエンジン始動と共に点灯しなければならないよ
うですが、slowもバッテリー負担を気にして後付けのライ
トスイッチを増設しちゃいました。

バルブそのものもハロゲンからLEDに交換して負担軽減を
していますが、それでも日中から無駄に点灯しているとも
ったいない気がしちゃいます。。。(;・∀・)

ともあれ加工装着お疲れ様でした。<(_ _)>
by slowhanded (2016-04-24 22:16) 

ZZA700

slowさん
2度も書き込んでいただき、ありがとうございました。
常時点灯は被視認性の向上から事故防止効果があることは理解できます。
しかし常時点灯仕様でなかったバイクまで常時点灯に改造してしまうと、やはりバッテリーの心配をしてしまいますね。
消費電力に見合った発電量とバッテリー容量があるのかどうかと。
Oh、slow号はLEDに置換済みなんですね!
by ZZA700 (2016-04-25 08:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。