So-net無料ブログ作成

シンガポールの建物 [Singapore]

シンガポールに好きな建物が2つあります。1つはUOB Plaza、もう1つはFurama Hotelです。

UOB Plaza(1995年完成)はUnited Overseas Bankという大手銀行が所有するビルディングで、シンガポールで最も高い3つの建物のうちの1つです(280m)。このビルは高さを生かしたスリムなデザインになっており、上部は角柱を45度ずつずらしたような特徴的な形状をしています。同じ形状の低層棟とツインタワーを形成しています。設計者は今は亡き巨匠、丹下健三氏です。晩年の丹下さんはこのテイストがお好みだったのか、同じく丹下さんの手による東京都庁舎(1990)の造形や質感に良く似ています。ちなみに同じ高さを持つ他の2つのビルとは、OUB Centre(1986)とRepublic Plaza(1995)です。隣接するOUB (Overseas Union Bank) Centreとは高さや名前が酷似しているだけでなく、銀行という点でも、設計者が丹下健三氏であるという点でも共通点があります。また、UOB Plazaと同じ年に完成したRepublic Plazaは、丹下さんの教え子でもあり、後のライバルでもある黒川紀章氏が設計したものです。シンガポールの超高層建築と日本の建築家、特に丹下健三氏との間に深い関係があったとは面白いですね。シンガポールには丹下さんの足跡が多く残っていて、他にNTU(南洋理工大学)の校舎、コンドミニアム、個人の邸宅などがあります。

もう1つの好きな建物はチャイナタウンにあるFurama Hotelです。高さの違う薄いユニットを貼り合わせたような独創的造形が魅力です。各ユニットのトップの曲線、それを高さ違いに並べて作り出す山型のシルエット、そしてユニットの巧みな配置により側壁にも奥行き方向の傾斜を出現させているところがオリジナリティに富んでいます。何とも有機的で優しい印象を与える建物です。設計者を調べてみましたが、残念ながら情報を得られませんでした。ご存知の方は是非教えていただけると嬉しいです。

building6.JPGUOB Plaza(ツインタワー)とOUB Centre(左)

building1.JPG

building7.JPG

building0.JPG

building2.JPG

building3.JPGFurama Hotel

building4.JPG

building5.JPG


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0