So-net無料ブログ作成
検索選択
Singapore ブログトップ

カオス [Singapore]

シンガポールというバイタリティのある小さな島国を形容する言葉を探すとすれば、カオス(Chaos)という単語が適当ではないでしょうか。新旧、美醜、異文化などが渾然一体となり、独特のエネルギーを放出しているように見えるからです。東京都と比べても人口は半分以下、面積は3分の1にも満たない小さな国にもかかわらず、建国以来経済は発展を続け、2008年には一人当たりのGDP(国内総生産)が日本を抜きアジアでトップに躍り出ました。カオスとは、元々ギリシア神話で宇宙ができるときに真っ先に生じた巨大な空隙のことを指し、単なる混沌や無秩序とは違う「すべての物を生成するエネルギーを秘めた無」というような意味だそうなので、ますます最適な言葉だと思えてきます。現在の元気のない日本に欠けている物は、このカオスではないかと思わずにはいられません。何でもあまりにきちんとシステマティックで均質な社会からは新しい何かは生まれて来ないような気がします。多様性を認め、時にはいい加減で、失敗を恐れず、根拠のない自信を持つ。シンガポールの人々が持っているそんなマインドを今こそ見習っても良いのではないかと思うのです。

DSC08227.JPG

DSC08235.JPG

さる1号さんが「魔界の入り口」と呼んだ風景。偶然にも2009年に同じ風景を撮影していた。
人を惹き付ける魔力がある証拠なのか?

DSC00544.JPG

表と裏、新と旧、美と醜が渾然一体となって独特のエネルギーを放つ


nice!(35)  コメント(4) 

Sungei Buloh [Singapore]

シンガポールの北西部にSungei Buloh Wetland Reserve(スンガイ・ブロウ湿地保護区)という自然公園があります。マングローブが広がる広大な湿地が丸ごと公園として保護、公開されています。実に様々な種類の動植物が生息していて見る者を飽きさせません。訪れるたびに新しい発見がある場所です。要所要所に野鳥の観察サイトが設けられ、サギやカワセミの類や熱帯特有の珍しい鳥が見られます。水面で魚が跳ねたり、浅瀬ではハゼが顔を出したり、茂みからは2メートルもありそうな巨大なトカゲが這って来たり、色々なサプライズがあります。Sungeiはマレー語の川、Bulohは同じくマレー語の竹に由来しています。おそらくマングローブのことを言い表したのでしょう。ここは湿度が非常に高く陽を遮る物もないので、行かれる方は比較的涼しい早朝に訪れることをお薦めします。充分な給水もお忘れなく。

DSC07303.JPG

2メートルもあろうかという巨大なトカゲが闊歩する

DSC00907.JPG

DSC07721(1).JPG

DSC07655(1).JPG

DSC07442(1).JPG

DSC07541(1).JPG

DSC00905.JPG

対岸に見えるのはマレーシア第2の都市、ジョホール・バル

DSC07822.JPG

DSC07708(1).JPG

DSC07646.JPG

DSC00923.JPG


nice!(27)  コメント(10) 

COLBAR [Singapore]

  COLBARはシンガポールのWhitchurch Roadにある、とてもカジュアルなカフェ・レストランです。小さな小屋とオープンスペースから成る質素な佇まいは、古き熱帯の様式を良く残しています。天井でシーリング・ファンが回っていますが、店内にエアコンはありません。しかし南国の暖かい風はとても心地良く感じられます。週末には地元の人のみならず、欧米の人たちもどこからともなく集まって来ます。私の好きなメニューはChicken Curryです。ココナツ風味が効いたシンガポールスタイルは、南国の風に良くマッチします。
  このCOLBARには素敵なエピソードがあります。英国の植民地統治時代、この辺りに広大な英国軍基地がありました。COLBARはその食堂として1953年にLimさんという方が今の場所から数百メートル離れたJalan Hang Jebatという通りに開業しました。店名は彼の友達の英国人が付けた名前で、Colonial Barに由来しているそうです。かつてはレバー料理や羊料理がここの名物で、英国の軍人や兵士たちの間でとても人気があったと言うことです。ところが開業から50年経った2003年に、この近くを通る高速道路Ayer Rajah Expresway(AYE)に新しくPortsdownインターチェンジが建設されることになりました。その影響で、建設用地内にあるCOLBARは取り壊されることになったのです。しかし歴史的価値があるこの店を残そうと人々が立ち上がり、デベロッパや政府を巻き込んで存続の方策を模索することになりました。その結果、今の場所に移転させる案に落ち着きました。築50年の古い建物は丁寧に解体され、壁材やスイングドアや瓦の一枚に至るまで再利用され、移築が行われました。こうして2004年に今の場所で昔のままの姿で営業を再開することができたのです。
  現在シンガポールでは、あちこちで再開発が進められており、貴重なペラナカン建築やコロニアル様式の建物が年々少なくなってきています。しかし一度失われた古いものは二度と取り戻せません。COLBARの例のように、一つでも多くの歴史的財産が残されるよう願わずにはいられません。

DSC06228.JPG

DSC03683.JPG

DSC06231.JPG

DSC06230.JPG

DSC06250.JPG

DSC03735.JPG

DSC06252.JPG

DSC06235.JPG


nice!(37)  コメント(0) 

咖椰吐司(Kaya Toast) [Singapore]

  シンガポールのローカルフードに咖椰吐司(Kaya Toast)というものがあります。朝食やおやつに適したカフェメニューといった感じで、トーストにカヤジャムとバターをはさんだサンドイッチのようなものです。カヤジャムとは、ココナツミルク、卵、砂糖から作られたペーストにパンダンというハーブで香り付けしたジャムです。パンダンは東南アジアで広く用いられているハーブで、ココナツにも似た甘い香りがします。お菓子の香り付けの他、お米を炊くときに一緒に入れたり、お茶として使われることもあります。和名はニオイタコノキと言うそうです。
  カヤトーストが一般に広まったのは1944年にLoi Ah Koon(ロイ・ヤークン)と言う海南島出身の人物が、屋台村の一角に小さなコーヒーショップを開いたことに始まります。彼の妻が作るカヤジャムと彼がローストしたコーヒーは、じわじわと支持者を獲得し、やがてシンガポールで人気のメニューとなりました。ビジネスは大きな成功を収めます。シンガポール全土に「Ya Kun Kaya Toast」の支店網が広がり、さらに今ではインドネシア、韓国、台湾、そして東京の豊洲ららぽーとにも支店ができています。
  下の写真は残念ながらYa Kun Kaya Toastのものではありませんが、Ya Kunのカヤトーストは耳を落とした薄切りの食パンを炭火でカリカリに焼いてあり、とても上品な外観と食感に仕上がっています。それも人気の秘訣なのかも知れません。一般的にカヤトーストは、練乳入りのコーヒー(コピ)と、温泉たまご(中華醤油と胡椒をかけて食べる)がセットになっています。軽めの朝食にはちょうど良いボリュームです。

DSC00773.JPG

DSC02593.JPG


nice!(35)  コメント(2) 

海南鶏飯(Hainanese Chicken Rice) [Singapore]

 シンガポールには中国南部の福建省や海南島あたりから移り住んだ人々の子孫が多く、福建麺(Hokkien Mee)や海南鶏飯(Hainanese Chicken Rice)と言った地名の付いた代表的ローカルフードがいくつか存在します。今回は海南鶏飯をご紹介しましょう。
 海南鶏飯(チキンライス)は茹でた鶏肉と、鶏がらスープで炊いたご飯がセットになったメニューです。鶏肉は茹でたままの物と、皮をローストした物の2種類があり、注文時に選択します。お好みにより、中国醤油やチリソースに生姜やにんにくを入れたタレを付けて食べます。大抵、きゅうりや香菜(シャンツァイ:パクチーまたはコリアンダーとも言う)が付け合せに、汁物として鶏がらスープが付いてきます。文東記(Boon Tong Kee, 425 River Valley Road)や五星海南鶏飯(Five Star Hainanese Chicken Rice, 419 River Valley Road)などが有名で支店も多いですが、私は威南記鶏飯餐室(Wee Nam Kee Chicken Rice Restaurant, 275 Thomson Road)というお店の鶏肉が肉厚で好みです。

DSC02534.JPG

上の写真は五星海南鶏飯の加東(Katong)店のチキンライス

DSC02545.JPG

DSC02533.JPG

DSC08392.JPG

ローカルフードはこのような雰囲気のショップハウス、ホーカーセンター、フードコートなどと呼ばれるお店でお気軽、お手軽にゆる~く食べます


nice!(35)  コメント(10) 

肉骨茶(Bak Kut Teh) [Singapore]

 外食産業が盛んなシンガポールのローカルフードは安くておいしいことで有名です。代表的なものに肉骨茶(Bak Kut Teh)、海南鶏飯(Hainanese Chicken Rice)、咖椰吐司(Kaya Toast)などがあります。今回は肉骨茶をご紹介しましょう。
 肉骨茶(バクテー)は豚のスペアリブを胡椒やにんにくの他、桂皮、丁子、八角などの薬膳スパイスで煮込んだスープ料理です。20世紀初頭に福建省あたりから来た港湾労働をする人々(苦力:クーリーと呼ばれた)の安くて栄養価の高い食事としてマレーシアやシンガポールに広まりました。私の知る限りでは、大きく分けてシンガポール・スタイルとマレーシア・スタイルの2通りの肉骨茶があります。シンガポール・スタイルは胡椒が強い辛目の味付けで、マレーシア・スタイルは薬膳スパイスが強く、多少甘目の味付けになっています。使用するスパイスはお店によって微妙に違い、それが各店の特徴となってそれぞれのファンを引き付けます。私がお気に入りのお店はシンガポール・スタイルの黄亜細肉骨茶餐室(Ng Ah Sio Pork Ribs Soup Eating House, 208 Rangoon Road)と発起人肉骨茶餐室(Founder Bak Kut Teh Restaurant, 347 Balestier Road)です。
 料理ではありませんが、果物の王様と言われるドリアンもシンガポールの人々の大好物です。色々なグレードがあって、D-××とコードネームで呼ばれます。シーズンになると出店の前では皆さん真剣に品定めして買っています。ちなみに私はD-24が好みです。

DSC08467.JPG

DSC01880.JPG

DSC06480.JPG

 


nice!(31)  コメント(6) 

春節(Chinese New Year)その2 [Singapore]

中華系の旧正月で良く使われる日本の「謹賀新年」に相当する言葉は「恭喜發財」(Gong Xi Fa Cai:お金に恵まれますように)や「吉祥如意」(Ji Xiang Ru Yi:願いが叶いますように)でしょうか。その他で良く見かけるものに、壁などに貼られた逆さまの「福」の字があります。最初見たときには、天地を間違えて貼ったのかと思いました。ところがそれは「福がひっくり返った」という意味の「福倒了」(Fu dao Le)と「福が来た」という意味の「福到了」の発音が同じことから、「福は内」のような意味合いになるのだそうです。

春節が近づくとチャイナタウンは大規模なイルミネーションで彩られ、無数の出店が出て賑わいます。福の字も正しく逆さまに飾られていました。しかし春節に入った途端にチャイナタウンの出店は忽然と消え、商店は全部閉まり、街に静けさが戻ってきます。そのギャップには物寂しさを感じるほどです。

CNY5.JPG

CNY12.JPG

CNY2.JPG

CNY13.JPG

CNY11.JPG

CNY14.JPG

CNY4.JPG

CNY3.JPG


nice!(21)  コメント(0) 

春節(Chinese New Year)その1 [Singapore]

2月3日から春節または旧正月と呼ばれる中国のお正月が始まりました。シンガポールでも人口の4分の3以上が中華系の人々なので、正月と言ったら春節を指し、期間中は国中が正月ムード一色になります。春節間近になるとチャイナタウンには日本のアメ横のように正月に必要な物を売る出店が出て、大勢の人で賑わいます。春節に入ると親戚や友人の家を訪問し合い、食事をしたり麻雀をして過ごします。訪問時のお土産には必ずミカンを2つ持って行くのが習わしになっています。これは、ミカンを意味する柑と橘がそれぞれ「金」と「吉」の発音に似ているため縁起が良いとされるからだそうです。帰りにはお返しにまたミカンを2つもらうので、シンガポールでは春節にミカンがグルグル循環することになります。まるでミカンがお金のように見えてきます。また、日本と同じくお年玉も存在します。日本と違うのは、子供だけではなく独身の人は皆お年玉をもらえるという点です。お年玉は日本のお年玉袋よりも少し大判な「紅包」(Hong Bao)という赤い袋に入れて渡します。

シンガポールの春節に欠かせない食べ物は魚生(Yu Sheng)と呼ばれる生の魚と野菜を使った海鮮サラダです。サーモンなどの刺身と、千切りにした人参、大根、きゅうり、生姜、レタスなどの野菜と、ピーナツや胡麻やクラッカー、甘酸っぱいプラムソース、胡麻油などを大皿の上で混ぜ合わせて食べます。面白いのは、皆で立ち上がって「起(Lo Hei)」(すくい上げるの意)と言いながらサラダを箸ですくい上げることです。このとき、大声で願い事を叫ぶと叶うとか、高くすくい上げるほど福が来るとか言われています。みんな必死ですくい上げるので、食べ始める前からテーブルの上はこぼれた野菜で悲惨な状況になったりします。この魚生は1960年代にシンガポールで生まれた正月料理だと言うことです。春節の時期には、どこの中華レストランでも大抵この魚生をオーダーすることができます。今日も街のあちこちから「Lo Hei」と叫ぶ声が聞こえていることでしょう。

CNY1.JPG

CNY6.JPG

CNY8.JPG

CNY7.JPG

CNY9.JPG

CNY10.JPG

CNY15.JPG


nice!(21)  コメント(0) 

Thaipusam(タイプーサム) [Singapore]

  ヒンドゥー教の祭典の一つThaipusam(タイプーサム)は、毎年1月の下旬に行われます。Thai(タイ)は幸運とされるヒンドゥー暦の10月を意味し、Pusam(プーサム)はカニ座で最も明るく輝く星を指します。プーサムが天頂に達するタイ月の満月の日に行われるため、祭りの日は年ごとに多少前後します。2011年は1月20日に行われました。
  この祭りは創造と破壊の神「シヴァ神」の次男「ムルガ神」、つまり「ガネーシャ神」(こちらを参照)の弟を崇めるもので、少々過激な内容から「奇祭」と言われることもあります。カバディと呼ばれる飾りみこしを持った行者は、頬や額、腕や腹など、体中に鉄串を突き刺してトランス状態で街を練り歩くのです。
  ヒンドゥー教徒が多く住むシンガポールではリトル・インディアのSerangoon Road沿いにあるSri Srinivasa Perumal Temple(スリ・スリニバサ・ぺルマル寺院)から、River Valley Road近くのSri Thendayuthapani Temple(スリ・テンダユタパニ寺院)までの3~4kmを行進します。下の写真は2009年に撮影したものですが、レンズを通してヒンドゥー教徒の方々の深い信仰心をひしひしと感じました。

DSC05814.JPG

DSC06266.JPG

DSC05790.JPG

DSC06124.JPG

DSC05478.JPG

DSC05649.JPG

DSC06018.JPG

DSC05899.JPG

DSC00559.JPG

DSC00549.JPG

DSC00548.JPG

DSC00520.JPG


nice!(24)  コメント(5) 

Deepavali(光の祭典) [Singapore]

  ディーパバリ(Deepavali)はヒンドゥ暦6月(10月下旬から11月上旬)に催されるヒンドゥ教で最も重要な祭典の一つです。Deepavaliとは光の列を意味し、ヒンドゥ教徒が多く住むシンガポールのリトル・インディア地区ではこの時期に街中を華やかな電飾で飾ります。
  この祭典には闇に勝利した光という意味が込められています。暴君ナラカスラとの戦いに勝利した主教クリシュナが凱旋した新月の夜に、街中の市民がランプを灯して祝福した、という伝説に基づいているからです。
  数え切れないくらいの電飾が夜の街を照らし、リトル・インディア全体が夜中でも昼間のように明るくなります。人々もお祭り気分で街に繰り出し、バイクにまで花飾りをつけて祝う人もいます。日本人にとってのお正月のように、Deepavaliはヒンドゥ教徒の人々にとって新しく何かが始まる一年の区切りとなる日のようです。

deepavali2.JPG

deepavali1.JPG

deepavali4.JPG

deepavali3.JPG


nice!(15)  コメント(4) 

マレー鉄道 [Singapore]

マレー鉄道はマレーシア政府系鉄道会社の鉄道網を指し、北はタイとの国境から、南はシンガポールまで、南北に長いマレーシア国内を縦断しています。植民地時代の1885年に、マレー半島で産出されるスズを港に運ぶ目的で操業を開始したということです。南行きの列車はジョホール海峡を渡って、1965年までは同じ国であったシンガポール国内に入り、終点シンガプーラ(タンジョンパガー)駅に至ります。シンガポール国内の線路や駅もマレーシアの鉄道会社が所有しているので、軌道敷はシンガポールにあってシンガポールにあらず、という不思議な空間になっています。その証拠に、シンガプーラ駅で列車に乗る時にはシンガポールの出国手続きを済まさなければなりません。駅舎もシンガポールの建物らしからぬ朽ち方をしています。ちなみに、豪華な食事やサービスで有名なイースタン・オリエント・エクスプレスもこの路線を借用してシンガポール/タイ間を結んでいます。しかし普段の列車はエアコンも効かない固い座席の、お世辞にも快適とは言えない車両だそうです。

粋なことに、マレー鉄道を走る機関車1台1台には愛称が付いています。シンガポール国内で撮った下の写真の機関車について調べてみると、Hang Nadimという人名が付いていました。これはマレーの伝説でシンガポールをメカジキの大群の襲撃から守った少年の名前だそうです。

熱帯雨林の中へと続く鉄路の向こうには何が待っているのかと想いを馳せるとワクワクしてきます。機会があれば是非乗ってみたい鉄道です。

DSC06171.JPG

DSC01105.JPG

DSC02611.JPG

DSC04937.JPG


nice!(13)  コメント(4) 

休日のリトル・インディア [Singapore]

休日のリトル・インディアは何となくゆるい感じです。

little_india6.JPG

あちこちでテーブル広げて昼間から酒盛り

little_india10.JPG

路地裏に座り込んで、ひっそり飲んでる人も

little_india8.JPG

little_india9.JPG

日が傾いて涼しくなると、どこからともなく人が集まってきます。しかも男だけ。


夜のリトル・インディア [Singapore]

今日は夜のリトル・インディアを散策してみましょう。

little_india4.JPG

タイムスリップしたような雑貨屋さん

little_india2.JPG

お花屋さんも遅くまで開いています

little_india3.JPG

白人の観光客が花飾りをじっくりと品定め

little_india5.JPG

八百屋さんも遅くまでお疲れさまです

little_india1.JPG

意味不明な物もたくさん売っています


リトル・インディア [Singapore]

シンガポールには様々な民族をルーツに持つ人々が暮らしているため、独特の文化を色濃く残す街が多数存在します。アラブ・ストリートチャイナタウンは以前ご紹介しましたが、最も濃い街と言ったらリトル・インディアに間違いないでしょう。この街に来ると、他文化に迎合しないインド系の人々の誇りを感じます。それではリトル・インディアを散策してみましょう。

little_india14.JPG

一歩足を踏み入れるとそこはもうインド。聞こえてくる音楽も街の匂いもインド。

little_india13.JPG

ほとんどの女性はサリーを着ています。

little_india7.JPG

野菜は美しく並べて売られています。物に対するリスペクトを感じます。

little_india15.JPG

little_india12.JPG

little_india11.JPG

ガネーシャをいたるところで目にします。ガネーシャはヒンドゥー教の神の一つで、人の体と象の頭を持っています。創造と破壊の神シヴァ神の子供とされ、富と学問を司ると言われています。そして片方の象牙は折れているのが特徴です。牙が折れた理由は、父シヴァ神が投げた斧を片方の牙で受けたからとか。かなり暴力的な父であったようです。

 


ペラナカン文化 [Singapore]

シンガポールやマレーシアにはペラナカン(Peranakan)文化という特徴的カルチャーが存在します。anakとはマレー語で「~の子供」という意味だそうで、そこから「混血の人々」を意味するPeranakanという言葉が生まれたということです。マレー半島には中国やインドからの移民が多く住んでいました。また、ヨーロッパの国々による統治が長く続きました。そのような歴史的背景から、古くからのマレー文化に、中国、インド、オランダ、ポルトガル、イギリスなどの海外文化が融合して生まれたのがペラナカン文化と言われています。ペラナカン様式は南アジアの建築、料理、服飾、インテリア、葬祭などの多岐に渡る文化に影響を与えました。現在のシンガポールでは特に中華系ペラナカン(主に中国からやってきた商人とマレー女性との混血をルーツに持つ人々)の文化が色濃く残っています。ペラナカンの女性たちは料理が得意だったそうで、今でもニョニャ料理と呼ばれるペラナカン料理がマレー半島で継承されています。ちなみにNyonyaとは「ペラナカンの女性」という意味です。

シンガポールのKatong地区のはずれにあるKoon Seng Road沿いにはペラナカン様式の住居が数多く残っています。パステルカラーと細かい彫刻に彩られた可愛らしい建物が南国の強い日差しを和らげてくれるようです。住民の方々も古い建物と街並みを大切に守りながら暮らしているのでしょう。どのお宅もきれいに手入れされています。昨今では強い経済成長が後押しして、住宅の高層化や再開発が急速に進んでいます。しかし素晴らしい文化や街並みは末永く後世に残して欲しいと思わずにはいられません。

使用したレンズは35GとSTFの2本です。

peranakan1.JPG

peranakan2.JPG

peranakan3.JPG

peranakan4.JPG

 


シンガポールの建物 [Singapore]

シンガポールに好きな建物が2つあります。1つはUOB Plaza、もう1つはFurama Hotelです。

UOB Plaza(1995年完成)はUnited Overseas Bankという大手銀行が所有するビルディングで、シンガポールで最も高い3つの建物のうちの1つです(280m)。このビルは高さを生かしたスリムなデザインになっており、上部は角柱を45度ずつずらしたような特徴的な形状をしています。同じ形状の低層棟とツインタワーを形成しています。設計者は今は亡き巨匠、丹下健三氏です。晩年の丹下さんはこのテイストがお好みだったのか、同じく丹下さんの手による東京都庁舎(1990)の造形や質感に良く似ています。ちなみに同じ高さを持つ他の2つのビルとは、OUB Centre(1986)とRepublic Plaza(1995)です。隣接するOUB (Overseas Union Bank) Centreとは高さや名前が酷似しているだけでなく、銀行という点でも、設計者が丹下健三氏であるという点でも共通点があります。また、UOB Plazaと同じ年に完成したRepublic Plazaは、丹下さんの教え子でもあり、後のライバルでもある黒川紀章氏が設計したものです。シンガポールの超高層建築と日本の建築家、特に丹下健三氏との間に深い関係があったとは面白いですね。シンガポールには丹下さんの足跡が多く残っていて、他にNTU(南洋理工大学)の校舎、コンドミニアム、個人の邸宅などがあります。

もう1つの好きな建物はチャイナタウンにあるFurama Hotelです。高さの違う薄いユニットを貼り合わせたような独創的造形が魅力です。各ユニットのトップの曲線、それを高さ違いに並べて作り出す山型のシルエット、そしてユニットの巧みな配置により側壁にも奥行き方向の傾斜を出現させているところがオリジナリティに富んでいます。何とも有機的で優しい印象を与える建物です。設計者を調べてみましたが、残念ながら情報を得られませんでした。ご存知の方は是非教えていただけると嬉しいです。

building6.JPGUOB Plaza(ツインタワー)とOUB Centre(左)

building1.JPG

building7.JPG

building0.JPG

building2.JPG

building3.JPGFurama Hotel

building4.JPG

building5.JPG


チャイナタウン [Singapore]

シンガポールのチャイナタウンは、リトルインディア、アラブストリートなどと並んで独特の文化や風習を色濃く残す興味深い街です。国民の8割近い人々が華人なので、もちろんシンガポール全体で中華色は強いのですが、それでもやはりこの街の濃さが一番でしょう。シンガポールのチャイナタウンの魅力は一言で言うと「混沌」ではないでしょうか。新しいものと古いもの、中華文化と異国文化。色々なもののミクスチャが「何でもアリ」のこの街の魅力を形成していると思います。

CTN2.JPG

CTN1.JPG

CTN3.JPG

CTN4.JPG

CTN8.JPG

CTN10.JPG

 


マーライオン [Singapore]

マーライオンはシンガポールの守り神として祭られた想像上の生物です。上半身はライオン、下半身は魚の姿をしています。マレーシアの王族が初めてシンガポールに上陸した際にライオンが現れて、国を統治するように告げた、というのが事の発端のようです。しかしアジアにライオンがいたとは考え難いですから、おそらくそのとき現れたとすれば虎だったのでしょう。

このシンガポールを象徴するマーライオン像はSingapore Riverの河口に建っています。高さは8メートル程で、身長約2メートルの子マーライオンとは30メートル程離れて背中合わせで水を吐いています。もっと大きいものを想像して来る人が多いからか、「世界三大がっかり」の一つに数えられているそうです。ちなみに他の「がっかり」はコペンハーゲンの人魚姫とブリュッセルの小便小僧らしいですが、勝手にそんなレッテルを貼られるのは迷惑なことですね。

マーライオンは東を向いて建っているため、日の出の時間帯がシャッターチャンスです。対岸のホテル群や背後の金融街をバックにした夜景もきれいです。一番下の写真は2009年2月28日の夜に撮影したものですが、この日の午後に落雷で右耳を失っているので、その他の写真とは若干シルエットが異なっています。もちろんその後すぐに復旧されていますから、今となってはこの「耳なしマーライオン」は貴重な写真です。

Singapore Riverの河口にEsplanade Bridgeが架かったため、マーライオンは2002年に少しだけ沖合いに移設されました。それまではやや寂しい場所にあったのですが、移設後は周辺が公園として再整備され、素敵なレストランが立ち並ぶファッショナブルな場所になりました。マーライオンに隣接するOne Fullerton内にある中華レストランは雰囲気も味もとてもNice!です。南国の潮風が心地良い海沿いの屋外席がお薦めです。おいしい料理を楽しみながらシンガポールの象徴を眺めれば、それは決して「がっかり」ではないと思います。

merlion4.JPG

merlion2.JPG

merlion1.JPG

merlion5.JPG

merlion6.JPG

merlion7.JPG

 


朝日と夕日(2) [Singapore]

更に朝日と夕日が続きます。クイズ第2弾。一枚だけ日本で撮影された写真があります。さてどれでしょう?

sun_sin9.JPG

sun_sin8.JPG

sun_sin6.JPG

sun_sin7.JPG

 


朝日と夕日(1) [Singapore]

朝日と夕日は空の表情を劇的に変えてくれる自然界の贈り物。ついついレンズを向けたくなります。今までに撮影した朝日と夕日の写真の一部をご紹介します。ここでクイズです。どれが朝日でどれが夕日かわかりますか?わかった方は下のコメント欄にご記入ください。

sun_sin1.JPG

sun_sin2.JPG

sun_sin3.JPG

sun_sin4.JPG

sun_sin5.JPG


アラブ・ストリート [Singapore]

シンガポールにアラブ・ストリートと呼ばれる地域があり、サルタン・モスクと言う名のイスラム寺院の周りにアラブ諸国から来た人々が多く住んでいます。シンガポールには他にも中華系の人々が集まるチャイナ・タウン、インド系の人々が多く住むリトル・インディアなど、特有の文化を色濃く残す街が点在しており、一つの国で何ヶ国も旅した気分になれます。それでは今日はアラブに旅してみましょうか。

arab_st1.JPG

arab_st2.JPG

arab_st3.JPG

arab_st4.JPG

arab_st5.JPG

 


Singapore ブログトップ