So-net無料ブログ作成

ハブダンパー交換 [ZZ-R1100]

 オートバイで交差点を右左折する際には、減速が終了すると同時に車体を倒し込み、駆動力をかけながら向きを変えて加速しながら車体を起こす、というのが一連の動作になると思います。しかし最近、減速から加速に移行する瞬間に一瞬トルクが抜けてスロットルの微妙な操作に駆動力が追従しないことがあるのが気になっていました。駆動力が伝わるタイミングが1テンポ遅れるので、重力によって車体が倒れようとする力と、駆動力によって起き上がろうとする力をうまくバランスさせられないのです。チェーンのたるみが原因ではないかと思って点検しましたが、たるみは規定値の35㎜~40㎜の範囲に入っていましたので問題はありませんでした。次に疑うべきところはハブダンパーです。ハブダンパーとは、リアホイールのハブの中に入っているゴムの緩衝材で、リアスプロケットの駆動力をゴムを介してリアホイールに伝えることにより、シフトショックやバックトルクを吸収して乗り心地を改善したり駆動系へのダメージを軽減する働きをしています。147馬力の駆動力を受け止める部品であり、ゴム製の部品ということもあって、ZZ-R1100では比較的傷みやすい部品とされています。リアタイヤが接地している状態でリアスプロケットを手で前後に回してみました。すると2~3㎜のガタがありました。この遊びが1テンポ遅れる原因だったのです。早速カワサキ純正のハブダンパー(部品番号92160-1911)を注文して交換することにしました。
 
DSC00680 (1).JPG 
取り寄せたハブダンパー 

ハブダンパーは埼玉県の「バイクショップはとや本店」さんからネット購入しました。価格は¥4,579で、送料が¥756でした。注文から4日程度で届き、箱を開けてみたところ嬉しいサプライズが! 真新しい軍手とショップからの暖かいメッセージが入っていました。この気配りは素晴らしいですね。次に部品を買うときはまたこちらから購入したいと思うほどツボにはまりました。
 
DSC00679.JPG

 さて、交換作業を開始します。センタースタンドで後輪を浮かせてコンクリートブロックでタイヤを固定します。こうするとアクスルシャフトを抜く時にリアホイールの重さがかからないため、シャフトをスムーズに抜くことができます。また、アクスルシャフトが抜けた時にタイヤが急に落下しないで済みます。もちろん、前輪の前にもコンクリートブロックを置いて、不意にセンタースタンドが外れないようにしておきます。
 
DSC00691.JPG 
 
後輪の脱着に使う道具は主にトルクレンチと8㎜と12㎜のヘキサゴンソケットです。クランプボルト(8㎜)とアクスルナット(12㎜)の締め付けトルクには指定がありますので、それを管理するためにトルクレンチを使用します。締め付けが緩いとチェーンやホイールが外れる可能性もありますし、強く締めすぎるとボルトにクラックが入る可能性もあります。ここは命に関わる重要な部分なので、規定通りに組み付けることにします。トルクレンチは四輪車のタイヤ交換にも使えますので1本持っていると便利です。
 
DSC00685.JPG
 
最初に左右のチェーンアジャストクランプボルトを緩めます。サービスマニュアルにはこれを緩めなくても良いと書いてありますが、緩めておいた方がこの後アクスルナットを緩めるのが楽になります。エキセントリック・チェーンアジャスタ(チェーンを引くための偏心カム:以下エキセン)がクランプボルトで強く締め付けられていると、エキセンに歪みが生じてアクスルナットが回りにくくなっていることがあるためです。
 
DSC00688.JPG
左のチェーンアジャストクランプボルト 
 
DSC00686.JPG
右のチェーンアジャストクランプボルト 
 
DSC00692.JPG 
8㎜のヘキサゴンレンチでチェーンアジャストクランプボルトを緩める
 
アクスルナットを緩める前にリテイニング・リングという名の抜け止めを外します。
 
DSC00693.JPG 
リテイニング・リングはラジオペンチを使うと簡単に外すことができます
 
DSC00697.JPG
リテイニング・リングはクマちゃんみたいな形で可愛い
 
DSC00690.JPG
ハブのホイール側とスプロケット側を元通りの位置関係で嵌め合わせられるように、
念のため分解前にテープを貼って印を付けておいた
 
 
車体右側のアクスルナットを12㎜のヘキサゴンで緩めます。この時、アクスルシャフトが回り出さないように、車体左側のエキセンに12㎜のヘキサゴンレンチを挿入して左手で押さえます。
 
DSC00695.JPG
空回りしないように左側のエキセンを押さえながら右側のアクスルナットを緩める
 
アクスルナットが外れたら車体左側にあるリテイニング・リングを外してアクスルシャフトを回しながら抜きます。アクスルシャフトを抜くとリアホイールと共にリアブレーキキャリパも落下しますので、あらかじめブレーキキャリパは紐でグラブバーに吊るしておくと良いでしょう。また、右側のスペーサーカラーも落下しますので無くさないように注意します。
 
DSC00698.JPG
リアブレーキキャリパは落ちないように紐で吊っておくと良い
 
アクスルシャフトが抜けたら、タイヤを地面に下ろし、リアスプロケットからチェーンを外します。チェーンはウエスに包んでスイングアームに載せておきます。
 
DSC00699.JPG 
 
DSC00702.JPG 
 
DSC00701 (1).JPG 
リアタイヤを引っ張り出す 。これが知恵の輪みたいで意外に難しい。
 
タイヤが外れたらブレーキディスクに傷を付けないように2つのコンクリートブロックの間に浮かせて置きます。
 
DSC00703.JPG
 
リアスプロケットを真上に引き抜いてみるとハブのカップリング(隔壁)と一緒にスルリと抜けました。同時にスペーサーカラーが落ちて来ますので、無くさないように注意します。本来ならばハブの隔壁はハブダンパーのゴムに挟まれて適度な摩擦があるはずなのですが、ゴムが委縮して2~3㎜のガタがあったので全く摩擦を感じることなく抜けました。やはり交換時期に来ていたようです。
 
DSC00706.JPG
リアスプロケットとハブカップリングは持ち上げると抵抗もなくスルリと抜けた
 
DSC00710.JPG 
ハブダンパをハブから外したところ
 
ハブダンパーを外して新品と比べてみます。見た目には違いは良くわかりませんが、古い物はゴムがカチカチに硬くなっていて充分に機能を果たしていないことがわかりました。新しいハブダンパーをハブにセットして、分解前に貼ったテープの印に合わせてスプロケットを元に戻します。この時、スペーサーカラーを入れ忘れないように注意します。ゴムの摩擦が強すぎてハブカップリングがスムーズに入らない場合は、ハブダンパーに石鹸水を塗ると良いとサービスマニュアルに書いてありましたが、石鹸水を使わなくてもそれほどきつくはなく、容易にハブを組み立てることができました。スプロケットを手で回してみてもビクとも動きません。これが正常な状態です。ついでに3つあるハブベアリングのそれぞれに指を突っ込んで回してみます。引っ掛かりもなくスムーズに1周回ることが確認できましたので、ベアリングは問題なしです。
 
DSC00709.JPG
左が新品、右が古い物。古い方はゴムが硬化していた。
 
ハブダンパーが交換できたらリアホイールを元通りに取り付けます。この時、2つのコンクリートブロックをタイヤの前後に置いてタイヤを適切な高さに浮かせると共に、エキセンも回しながらホイールのセンター穴とエキセンの穴が一致するように位置合わせしておきます。同時にブレーキパッドの間にブレーキディスクが挿入されるようにしなければなりません。右側のスペーサーカラーも忘れずに挿入します。チェーンも元に戻します。これらを同時に行うためには手がもう2本くらい欲しくなります。
 アクスルシャフトが通ったら、次にアクスルシャフトと左右のエキセンの位置関係を正しく固定します。これをきちんとやらないとアクスルシャフトが捩じれて取り付けられてしまいます。まず左右のエキセンを同じ角度にセットします。エキセンの目盛りを左右ともスイングアーム後端の切り割りの所に合わせると良いでしょう。
 
DSC00712.JPG
 
この状態でクランプボルトを軽く締めて、エキセンが動かないようにします。次にトルクレンチを使ってアクスルナットを規定値の110N-mで締め付けます。アクスルシャフトが空回りする場合には左側からシャフトに8㎜のヘキサゴンレンチを挿して左手で押さえると良いでしょう。これでアクスルシャフトと左右のエキセンが固定されましたので、左右のリテイニング・リングを取り付けます。次にチェーンの張りを調整します。左右のエキセンが同じ目盛りになるように交互に少しずつ回しながら、同時にタイヤを手で回し、チェーンの下側が一番強く張った時に真ん中あたりのたるみが35~40㎜になるようにエキセンの角度を調整します。角度が決まったら左右のチェーンアジャストクランプボルトをトルクレンチで規定値の39N-mに締め付けて作業終了です。
 リアブレーキが効くことを確認してから試運転に出発しました。エンジンをかけてギアを1速に入れるとシフトショックがマイルドになっているのを感じます。さらにクラッチをつないで駆動力を与えると、以前よりもスムーズに走り出しました。右折のために減速し、車体を倒すと同時に駆動力を与えると、タイムラグなく駆動力が後輪に伝わるのがわかりました。微妙なスロットル操作に対してリニアに駆動力が追従します。以前のギクシャクした走りはなくなり、新車の頃の快適度が戻ってきたようです。古い大型車に乗っていて、最近低速での挙動がギクシャクしてきたなぁとお感じの方にはお薦めのメンテナンスです。

nice!(26)  コメント(10) 
共通テーマ:アート

寒くても [70-300mm F4.5-5.6 G SSM]

「いくら寒かろうと好きなことだからやらずにはいられないのさ。」海へ向かうサーファーさんたちを見ていると、そんな台詞が聞こえてきそうでした。

 DSC00575(1).JPG

DSC00574.JPG

DSC00613 (1).JPG 


nice!(26)  コメント(8) 
共通テーマ:アート

秋から冬へ [nature]

立冬も過ぎ、暦の上ではもう冬です。秋から冬へと季節が移って行きます。

DSC00587.JPG

DSC00620 (1).JPG 


nice!(29)  コメント(10) 
共通テーマ:アート

小春日和 [35mmF1.4G]

晴れて日差しが温かく感じられる日は気持ちが良いと申しております。

DSC00521.JPG

DSC00492.JPG

DSC00520.JPG

DSC00514.JPG 


nice!(24)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

箱根神社 [その他]

DSC00529.JPG
 
DSC00532.JPG
 
DSC01437.JPG 
 
DSC01420.JPG
 
 箱根神社の起源は、2400年以上前に始まった箱根山の最高峰である神山(1,438m)を御神体とする山岳信仰であると言われています。今の地に神社が建てられたのは757年のことで、瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)、木花咲耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)、彦火火出見尊(ヒコホホデミノミコト)の御三神がお祀りされています。瓊瓊杵尊と木花咲耶姫命は夫婦であり、その子供が彦火火出見尊になります。この彦火火出見尊の誕生に由来して、境内には子授け安産を象徴する「安産杉」という杉の大木があります。
 
DSC01430.JPG
安産杉 
 
DSC01436.JPG
 
DSC01419.JPG
 
 
 また、箱根神社には九頭龍伝説が語り継がれています。その伝説とは次のようなものだそうです。むかしむかし、九つの頭を持つ龍が芦ノ湖に住んでおり、しばしば荒れ狂っては里の住人を苦しめていました。そこで、この神社を建立した万巻上人という方が湖に向かって祈祷したところ、九頭龍は改心して帰依したので、上人はこの九頭龍を龍神として手厚くお祀りしたということです。それが箱根神社から芦ノ湖沿いに北西に4kmほど行った所にある九頭龍神社本宮です。さらに2000年には箱根神社の本殿に隣接して九頭龍神社新宮が建立されました。
 
DSC01427.JPG 
九頭龍神社新宮(現在は改築中のため非公開) 
 
DSC01413.JPG 

nice!(28)  コメント(6) 
共通テーマ:アート

秋の箱根路 [35mmF1.4G]

お天気の良い日はのんびりドライブも良き哉。

DSC00526.JPG

DSC00527.JPG

DSC01386.JPG

DSC00528.JPG 


nice!(28)  コメント(4) 
共通テーマ:アート