So-net無料ブログ作成
検索選択

秋の夜長はジャズボーカルを [audio]

DSC00540.JPG
 
 秋の夜長にはJazzyな曲が聞きたくなります。特にスローでシンプルな楽曲を良い音質で聞きたいものです。そこで、このところ良く聞いている女性ジャズ・ボーカリストと彼女らのCDの中から音質の良い物を選んでご紹介したいと思います。
 
DSC00558 (1).JPG 
 
【Yours / Sara Gazarek】
 Sara Gazarekはシアトル出身のジャズシンガーで、2005年にこのアルバム「Yours」でデビューしました。レコーディング当時は23歳だったと思われますが、若々しさの中にも落ち着いた雰囲気があり、実に歌がうまい歌手だと思います。南カリフォルニア大学のThornton School of Musicという音楽の名門校を卒業しているということなので、音楽の基礎がしっかりしているのでしょう。日本でもしばしば公演を行っているようなので、機会があれば是非生で聞いてみたいものです。収録曲はスタンダードあり、オリジナルありですが、どれもスイング感に富み、最初から最後まで心地良く聞けます。
 このアルバムは音質的にも非常にクオリティが高く、お薦めの1枚です。とにかく音場感が素晴らしく、適度なリバーブ量でスタジオの広さが手に取るようにわかります。ピアノ、ベース、ドラム、ボーカルのシンプルな構成ですが、音像の定位が良く、リアリティを感じる録音になっています。録音は、11回もグラミー賞を受賞したベテランエンジニアのAl Schmittが担当しています。
 
【Come away with me / Norah Jones】
 日本でも有名なNorah Jonesは北テキサス大学でジャズピアノを専攻していましたが、20歳のときにニューヨークに移り住み、Blue Noteの社長に見出されて歌手デビューを果たします。実質的なデビューアルバムとなったのが2002年に発売されたこの「Come away with me」で、全世界累計2300万枚の大ヒットとなりました。Norah Jonesは声がとても魅力的な歌手だと思います。このアルバムでも倍音を多く含んだ深みのある声に癒されます。収録曲はかなりカントリーな感じのアレンジになっています。
 録音は音圧でグイグイ押して来るような近年流行りの傾向の音に仕上がっています。ピアニッシモや余韻を楽しむものと言うよりは、どの楽器もクッキリハッキリ聞こえて解像感や存在感を楽しむものと言った印象です。特にボーカルは前へ前へ出て来て立体的に聞こえます。録音はJay Newlandが担当しています。
 
DSC00563 (1).JPG
 
【Born To Sing / SHANTI】
 SHANTIは逗子出身のシンガーソングライターで、16歳ごろからシンガーとして桑田佳祐、サディスティックミカバンド、CHAR、マリーンらの多くのアーティストと様々な形でコラボレーションしてきた実力派です。2010年にこの「Born To Sing」でメジャーデビューを果たしました。このアルバムではスタンダード、ポップス、サザンオールスターズの「真夏の果実」などを全曲英語詞でJazzyに歌い上げています。英語の発音が流暢で日本人離れしていますが、それもそのはず、お父さんがゴダイゴのドラムを担当していたTommy Snyderさんなのです。
 音質は今回紹介する4枚のCDの中では一番優れていると思います。音場再現が素晴らしく良く、アコースティックギターや歌い手がすぐ目の前にいるかのごとくリアルに感じられます。伴奏と歌は同時に録音されたのか、スタジオの雰囲気が生々しく伝わってきます。録音は日本コロムビアの塩澤利安さんが担当されています。
 
【POP POP / Rickie Lee Jones】
 日本でも人気のあるRickie Lee Jonesはシカゴ生まれのシンガーソングライターです。19歳の頃からロサンゼルスのクラブなどで歌い始めたそうです。1979年、24歳の時にアルバム「Rickie Lee Jones」でデビューし、いきなり全米第3位の大ヒットを記録しました。今回ご紹介する「POP POP」はデビュー後10年以上経った1991年のアルバムで、アコースティックなギターとベースが中心のシンプルな編曲に、Rickieの独特の歌声が映える作品になっています。バックにはジャズミュージシャンを起用し、ややポップス寄りではありますが、デビューアルバム「Rickie Lee Jones」よりはだいぶJazzyで大人っぽいテイストに仕上がっています。Rickieの鼻にかかった甘ったるく覚束ない歌い方が嫌いでなければお薦めできる作品です。
 音質的には弦の響きが非常に心地良く、特にベースの豊かな低音が身体の奥深くまで沁み込んで来ます。Rickieのブレス音が鮮明に聞こえて生々しささえ感じます。録音はElton Johnなどを手掛けたGreg PennyとJohn Edenが担当しています。
 
秋の夜長にジャズボーカルを高音質で楽しんでみてはいかがでしょうか。
 
DSC00538 (1).JPG 

nice!(27)  コメント(8) 
共通テーマ:アート

ライディング・グローブ [ZZ-R1100]

DSC00442.JPG

真新しいライディング・グローブ 

 20年近く使って来たオートバイ用の手袋(ライディング・グローブ)を遂に買い替えることにしました。所々に穴が開いて来たことに加え、雨の日に乗った後にそのまま放置してしまったために薄っすらとカビが生えてしまったからです。

DSC00505.JPG

古いグローブには穴が 

DSC00507.JPG

長い間良く頑張ってくれました 


 大手の二輪用品店に行くと通路1レーンの両側に何百種類もの手袋がびっしりと並んでいました。数が少なければ選ぶのも簡単ですが、これだけ種類があると、どれにしようかと迷ってしまいます。一体どれだけ試着したでしょうか。1時間以上グローブ選びを楽しみました。最近の手袋は色々な工夫が施されていて、見るだけでも楽しめます。昔と比べると、特にプロテクションと換気性に重点が置かれているようです。
 最後までどちらにするか悩んだのがRS TAICHIのアームドレザーメッシュグローブ(RST426 ¥12,000)とG-cubicのセミレーシンググローブ(GCG-103 ¥6,800)でした。RS TAICHIのRST426は山羊革・牛革・ナイロン・合成皮革・ネオプレン・カーボン複合材など多種類の素材を適材適所に使用していて、フィット感が素晴らしく良いと感じました。さすがはライディングギア大手の製品です。山羊革は薄くて柔らかく、フィット感を出すには最高の素材だと思いました。しかし、自分の手との相性が良くなかったのか、残念なことに内側の縫製が指先に当たり、痛みを感じてしまいました。これでは何時間も装着していられませんので、これを買うことはあきらめました。縫い目の位置を少し変えたら良くなると思うのですが、本当に残念です。
 次に装着感が良かったのがG-cubicのGCG-103でした。こちらは牛革なので見た目はゴワゴワしているのですが、装着してみると革が柔らかくしっとりとしていて、フィット感がとても良い感じでした。しかもお値段が手ごろです。G-cubicは香川県にある株式会社大熊というオートバイ用革製品を専門に扱う会社のブランドだそうなので、さすがは革屋さんだなあと思いました。この製品のすごいところは、この価格ながら、プロテクションと換気性に手抜きがないことです。拳を守るプロテクター、第一関節や第二関節を守るパッド、小指球(てのひらの小指側の膨らみ)や豆状骨(手首の小指側に飛び出た骨)を守るパッドなどが装備されていて、どんな角度で手を衝いても守ってくれそうです。換気性に関しては、革にパンチング穴を施したり、プロテクターに開けた穴を通して指から手の甲へと積極的に空気を流す構造になっていました。さて、今度の手袋は何年使えるでしょうか。プロテクターのお世話にならないように長く使って行きたいと思います。

DSC00448.JPG

G-cubicのセミレーシンググローブGCG-103 ¥6,800  プロテクションと換気性はばっちり 

DSC00446.JPG 

革は驚くほど柔らかく、フィット感も抜群 


nice!(27)  コメント(8) 
共通テーマ:アート

秋の散歩道 [70-300mm F4.5-5.6 G SSM]

空気が澄んで鋭くなって来たのとは引き換えに、お日さまの温もりが柔らかく心地が良い季節になりました。ここで季節が足踏みしてくれるといいなと思うのは自分勝手な願いでしょうか。

DSC00504.JPG

DSC00501.JPG

DSC00503.JPG

DSC00502.JPG 


nice!(35)  コメント(6) 
共通テーマ:アート

秋晴れの朝 [70-300mm F4.5-5.6 G SSM]

久しぶりに朝から快晴となり、富士山をバックに人々は思い思いの休日を過ごしていました。

DSC00473.JPG

釣りを楽しむ人 

 

DSC00493.JPG

サーフィンを楽しむ人 

 

DSC00488.JPG 

帰ってからの朝食が楽しみな犬 


nice!(29)  コメント(10) 
共通テーマ:アート

湯河原温泉 [ZZ-R1100]

DSC02834.JPG

 先日ZZ-R1100の車検を無事に終えたので、雨の合間にちょこっと半日ツーリングに行って来ました。目的地は湯河原温泉です。湯河原温泉は相模湾に注ぐ千歳川の谷あいに湧く万葉集にも詠まれた古い温泉で、関東では最も古い温泉とも言われています。外傷に効くことから「傷の湯」とも呼ばれているということです。今回はニューウェルシティ湯河原というホテルに併設された日帰り温泉施設「いずみの湯」で温泉に浸かって行くことにしました。営業開始の11:00に到着し、駐車場から温泉のある谷に向かって階段を下りて行きます。施設は新しく、掃除も行き届いていて、清潔感にあふれていました。ホテルのロビーで入浴料(税込み¥1,080)を払い、温泉に向かいます。営業開始直後だったので、ほとんど貸し切り状態でした。露天風呂には何十人も入れそうな大きな湯船と、御影石で作られた3~4人用の石風呂があり、源泉かけ流しになっています。温度は40℃ほどで、長く浸かるにはちょうど良い温度でした。他に誰もいなかったので、石風呂を独り占めにして、しばらく柔らかいお湯の感触に包まれながら温まりました。ホテルに併設の施設ですから、野趣満点という性格の温泉ではないことは承知ですが、強いて挙げれば、露天風呂が完全な露天ではなく、透明な波板と葦簀(よしず)の屋根がかかっており、開放感に欠けるところが少し残念でした。狭い谷あいに建物が密集しており、隣はマンションだったりするので仕方がないのでしょう。

DSC02826.JPG

湯河原温泉は千歳川の谷あいにある昭和の匂いがする温泉街だ 

DSC02825.JPG 

駐車場から谷に向かって下りて行くと温泉施設がある 

 ゆっくりと温泉に浸かった後はワインディングを楽しみます。湯河原温泉の横を通る神奈川県道75号線は別名「椿ライン」 とも呼ばれています。奥湯河原からワインディングが始まり、箱根までつながっています。途中、大観山で「MAZDAターンパイク箱根」と交差します。ターンパイクはカーブの曲率が緩く道幅も広いので、高速でコーナリングするには気持ちが良い道路ですが、それゆえについつい速度を出し過ぎてしまう難点があります。一方、椿ラインは道幅は狭いですが、カーブの曲率半径が適度に小さく、オートバイで走るにはちょうど良いワインディングロードになっています。コーナーを1つ2つ抜けると、自然と気分も高まります。ところがこの日は雨上がりで濡れ落ち葉が路面を覆っており、さらに対向車線に走り屋さんの四輪車が多く、ブラインドコーナーから突然センターラインをはみ出して来ることがありました。そんな状況でしたから、はやる気持ちを抑えていつでも止まれるように細心の注意を払って走らざるを得ませんでした。

DSC02830.JPG 

千歳川に沿って登って行く

DSC02833.JPG 

ここから先はちょうど良いワインディングが始まる 

 朝から小雨がぱらつく曇りがちな天気でしたが、大観山まで登って来ると、そこだけは真っ青な空が広がっていました。大観山の駐車場は、長雨の合間を待ち望んでいた多くのライダーたちで賑わっていました。そこからターンパイクで山を下りるか箱根新道で下りるか迷いましたが、費用節約のため無料となった箱根新道で山を下りることにしました。その後は雨にも降られず、日が高いうちに帰宅でき、洗車をしてショートツーリングを終えました。 

DSC02841.JPG

大観山はこの日も多くのライダーで賑わっていた。平均年齢は高め。 

DSC02838.JPG

駿河湾から上がって来る湿った空気で芦ノ湖上空には雲ができやすい 

DSC02843 (1).JPG 


nice!(32)  コメント(12) 
共通テーマ:アート

秋の気配 [70-300mm F4.5-5.6 G SSM]

雨の合間にワンコと散歩に出かけましたが、どことなく秋の気配が漂っていました。

DSC00357.JPG

DSC00366.JPG

DSC00364.JPG

DSC00351 (1).JPG 


nice!(24)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

二輪車の車検 無事終了 [ZZ-R1100]

 7月に車検を受けなければならなかったZZ-R1100ですが、運輸支局に行こうとしたまさにその時、電源がシャットダウンしてしまって車検を受けられなかった件は先日の記事に書きました。故障の原因究明と修理に2ヶ月もかかってしまい、その間に車検が切れてしまいました。車検の切れた車両を運転すると一発で免許停止になってしまいますから、修理が終わっても車検のために運輸支局まで車両を運転して行く訳にはいきません。そんな時のために仮ナンバーの交付(自動車臨時運転許可)という制度があります。各市町村の役所や出張所(市町村によって交付場所は異なる)に申請すると、赤い斜線が入ったナンバープレートを貸してもらえて、指定の日にち(普通は1~2日間)に指定の経路を運転することができるようになります。今回はこの仮ナンバーを付けて車検を受けに行くことにしました。申請には車検証、印鑑、運行日をカバーする自賠責保険、本人確認書類(運転免許証)、手数料750円が必要です。

 役所に行き、申請手続きをすると数分で自動車臨時運転許可証と仮ナンバーを受け取ることができました。 ところが、仮ナンバーを見てびっくり。二輪車用の大きさではなく、一回り大きな普通車用のサイズでした。帰ってとりあえず付けてみようとしましたが、当然ながらねじ穴のピッチが合いません。仕方がないので紐でぶら下げようとしましたが、これもバタバタして塩梅が良くありません。まあ、正規の位置に付けていなくても携帯していればお咎めを受けることはないでしょう。タンデムシートの上に荷物用のゴムひもで括り付けて車検を受けに行くことにしました。

DSC00386.JPG 

仮ナンバーが大きすぎてねじ留めできない。二輪車用サイズはないのだろうか。 

 車検はいつものようにユーザー車検を受検しました。受検の方法は過去の記事の通りです。以前は二輪車の車検で排気ガス検査はなかったのですが、何年か前からプローブを排気管に突き刺して検査するようになっていました。前回は何事もなく合格していた排気ガス検査ですが、今回はCO濃度が不合格になってしまいました。他はすべてパスしたので、恐る恐る審査官の最終審査を受けに行きました。すると、車検証の型式がBC-で始まる平成11年以降の二輪車以外は排気ガス検査の規制外なので、排気ガス検査自体を受けなくても良いと言われました。ほっとしたと同時に、今まで受けてパスしてきたのは何だったのだろうと思いました。排気ガス規制について調べてみると、平成11年規制、平成12年規制、平成18年規制と、地球温暖化が叫ばれてから年を追うごとに厳しくなって来ており、特に18年規制ではCO排出量がそれまでの20g/kmから2.7g/kmに87%削減、アイドリング時のCO濃度はそれまでの4.5%から3.0%に33%削減されているのだそうです。このため、平成18年以降、2サイクルエンジン、キャブレター車、触媒なしマフラーのオートバイは絶滅し、4サイクルエンジン、インジェクション車、触媒付きマフラー車しか生き残れなくなってしまいました。何はともあれ、平成6年製の古い逆輸入車には規制がかからないとのことなので、無事に車検に合格し、やっと大手を振って乗れるようになりました。

DSC00438.JPG 

厳しい排気ガス規制を免れ、無事に車検に合格 


nice!(23)  コメント(8) 
共通テーマ:アート