So-net無料ブログ作成
検索選択

黒川温泉 [35mmF1.4G]

 熊本県阿蘇郡南小国町の山あいにある黒川温泉は、自然美と温泉情緒に溢れる素晴らしい温泉街でした。田の原川の渓谷沿いに二十数件の温泉旅館が点在していますが、どこも落ち着いた雰囲気の外観で、きれいに手入れが行き届いている印象を受けました。今では行きたい温泉ランキングなどの企画で必ず上位に入る黒川温泉ですが、その地位を築くまでのエピソードには興味深いものがあります。

 元々は湯治場であったこの温泉街は、立地の不便さから、かつて衰退の一途をたどっていました。ところが、1970年代後半に入って、旅館の2代目たちがUターンによりこの地に帰ってきたことから状況が一変します。彼らは温泉組合の青年部を組織し、温泉街の再興策を模索し始めます。彼らはまずデザインもまちまちで派手なだけの200余りの案内看板を全部撤去することを決めました。そして黒地に白文字に統一した木製の共同看板を立てることにしました。そして「街全体が一つの宿、通りは廊下、旅館は客室」という共栄共存のビジョンを打ち立てます。このビジョンに基づき、全旅館の露天風呂の中から3つを選んで自由に入浴できる「入湯手形」を発行して温泉街全体の活性化を図ると、それが好評を博しました。旅館組合のこのビジョンはさらに南小国町の「街づくり協定」に発展し、住民ぐるみでふるさとの景観を守って行こうという機運につながりました。こうして山奥ならではの良き温泉街の雰囲気が守られるようになったのです。黒川温泉の名声は国内のみならず海外にも知られることとなり、2009年にはフランスのMichelin Green Guide Japonで2つ星を獲得しています。

 このムーブメントの中心になったのが旅館「新明館」の後藤哲也氏(当時24歳)でした。彼はひたすら魅力的な温泉づくりを目指しました。ノミ一つで3年半の歳月をかけて30メートルの洞窟風呂を作ったり、自ら露天風呂に雑木を植えて剪定をし、絵になる温泉づくりを実践しました。こうして新明館は繁盛しましたが、後藤氏はそれだけに留まらず、共栄共存の信念から、惜しむことなくこの手法を他の旅館にも伝授しました。そして地域が一体となって絵になる温泉づくりが広まって行ったのです。最初は変人扱いされていた後藤氏ですが、今では「ノミとハサミで黒川温泉を変えた男」「黒川温泉の父」などと呼ばれ尊敬を集めているそうです。

下の写真はすべて後藤哲也氏が手がけた旅館の一つ「山みず木」にて撮影したものです。庭の手入れは完璧で、渓流沿いの露天風呂はマイ・ベスト3に入る素晴らしい温泉でした。

DSC02754.JPG

DSC02750.JPG

DSC02742.JPG

DSC02755.JPG

DSC02758.JPG


nice!(36)  コメント(7) 
共通テーマ:アート

岡城跡 [DT 16-105mm F3.5-5.6]

 大分県竹田市に岡城と呼ばれた山城の史跡があります。この城は1185年に緒方惟義が源頼朝に追われた源義経を迎えるために築城したことが始まりであると言われています。その後、志賀氏、中川氏と城主が代わり、現在残されている城郭は1594年に中川氏によって築城されたものだそうです。この城は飛田川と白滝川が大野川に落ち合う合流点にあり、これらの支流が削った2つの深い谷から急峻に切り立つ崖の上に建っていました。この立地のおかげで志賀氏は、1586年当時に快進撃を続けて攻め入った島津氏を再三にわたり撃退することができたということです。

 岡城は瀧廉太郎が作曲した「荒城の月」のモデルになった城としても有名です。廉太郎は東京生まれですが、官僚であった父の転居に伴い、幼少時に大分県竹田市に住んでいたことがあるそうです。苔むした古い城郭を見ていると、短調の哀しげなあのメロディーが頭の中をぐるぐる回ります。

DSC02785.JPG

DSC02776.JPG

DSC02762.JPG

DSC02771.JPG

DSC02773.JPG

DSC02774.JPG

DSC02775.JPG

DSC02795.JPG

DSC02781.JPG

DSC02788.JPG


nice!(34)  コメント(6) 
共通テーマ:アート

竹瓦温泉 [35mmF1.4G]

大分県別府市の市街地に竹瓦(たけがわら)温泉という共同浴場があります。この特徴的な建物は1938年(昭和13年)に建てられたもので、昭和初期のレトロな雰囲気を演出しています。竹瓦温泉の名前の由来は、1879年(明治12年)に地元の漁師さんが港近くのこの地に湧き出る温泉に簡素な浴場を作り、その屋根が竹葺きであったことからとされています。現在はむしろ重厚な瓦葺き屋根になっているので、当時の面影は全くありません。この浴場は今は市が運営しているため、わずか100円でレトロな雰囲気と良質な天然温泉を楽しめます。源泉の温度は42℃から57℃と高めで、日によっては長く浸かっていられないほど熱いそうです。しかし、熱いからと言って湯船の縁に腰掛けたりすると暗黙のルールに抵触するらしく、地元のおじいさんに叱られることもあるそうです。

DSC02694.JPG

DSC02695.JPG

DSC02691.JPG


nice!(39)  コメント(6) 
共通テーマ:アート

長者原 [70-300mm F4.5-5.6 G SSM]

 別府と阿蘇を結ぶ「やまなみハイウェイ」のハイライトの一つは長者原(ちょうじゃばる)でしょう。ワインディング・ロードを抜けて高原道路らしい視界が開けたところに出てくると長者原の看板が見えてきます。ここは九重連山への登山口になっていて、正面には三俣山(みまたやま)や硫黄山(いおうざん)をはじめ、1,700メートル級の山々が連なっているのが見渡せます。雄大な景色を見ていると暫し時間を忘れてしまいます。

 ところで、この辺りを走っていると「九重」と「久住」という2つの表記があるのに気付きます。九重連山の北側では九重、南側では久住となっていました。調べてみると九重(ここのえ)町と久住(くじゅう)町という2つの町があることがわかりました。さらに、九重(くじゅう)連山の主峰は久住(くじゅう)山だったりと、読み方にも表記にも規則性はなく、非常に複雑です。他人事ながら統一してもらう訳には行かないものかと思ってしまいます。

DSC02730.JPG

長者原から三俣山と硫黄山を望む

DSC02725.JPG

DSC02728.JPG


nice!(37)  コメント(8) 
共通テーマ:アート

金鱗湖 [70-300mm F4.5-5.6 G SSM]

 大分県由布市の由布院温泉に、一周400メートルほどの金鱗湖と言う小さな湖があります。湖底から湧き出る温泉や、流れ込む川に含まれる温泉水により水温が比較的高く、冬の早朝には湖面から霧が立ち昇る霧盆と言う現象が起こります。この湖はかつて「岳下の池」と呼ばれていましたが、1884年に毛利空桑という儒学者がここで夕日に照らされた魚が金色に輝くのを見たことから金鱗湖と命名されたそうです。

 ところで、観光ガイドブックなどでは良く「湯布院温泉」という表記を見かけますが、正しくは「由布院温泉」と書きます。「湯布院」という表記が最初に表れたのは1955年です。湯平村と由布院町が合併したときに、両方の名を組み合わせて湯布院町という自治体ができました。従って、それ以前からあった温泉の名前は当然「由布院温泉」なのです。その後、湯布院町は2005年に挾間町・庄内町と合併して由布市となり、「湯布院」という地名は完全に消滅しました。

DSC02724.JPG

DSC02718 (1).JPG

DSC02706.JPG

DSC02707.JPG


nice!(35)  コメント(10) 
共通テーマ:アート

夏から秋へ [135mm F2.8 [T4.5] STF]

 夏に出会った山の植物たちは、今ごろ秋の準備に追われていることでしょう。

DSC02623.JPG

DSC02622.JPG

DSC02587.JPG

DSC02505.JPG


タグ: 植物 STF
nice!(38)  コメント(6) 
共通テーマ:アート