So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

西伊豆 海鮮丼ツーリング [ZZ-R1100]

DSC03066.JPG

 若い頃は一緒に日本全国を走り回った30年来の友人と久しぶりにツーリングに出掛けました。思い起こせば9年ぶり。時が経つのは早いものです。彼の愛車であるヤマハのTDM850は今主流のアドベンチャータイプの元祖のような存在です。私のZZ-R1100と同年代のマシンで、どちらも初年度登録から二十数年になります。ライダーもマシンも年代物になってきました。

 目的地は西伊豆の戸田(へた)漁港にある「の一食堂」で、お昼に海鮮丼を食べることを大義名分としました。更に道中ワインディングロードと温泉も楽しもうという寸法です。8:30に西湘バイパスの西湘PAで待ち合わせた後、ウォーミングアップに箱根ターンパイクと伊豆スカイラインのワインディングをのんびりと楽しみます。前日の雨で大気中の塵が洗い流され、白銀山からは初島越しに大島がくっきりと見えました。大観山からは芦ノ湖越しに雪をかぶった富士山が見えました。亀石峠から県道19号線と18号線で修善寺を経由して戸田漁港に11:00に到着しました。

DSC03048 (1).JPG
初島越しに大島がくっきりと見えた

DSC03055 (1).JPG
富士山にはうっすらと雪がかぶる


 まだお昼前だと言うのに、の一食堂の前には長い行列ができていました。入店待ちのお客さんはどうやらマスツーリングで訪れた10名ほどのライダーさんたちのようです。お約束のように皆さん50代か60代の方々で、二輪車人口の高齢化を感じます。幸いにもそれほど待つことなくお店に入ることができ、早速海鮮丼を注文しました。到着したどんぶり内の食材はどれもコリコリ、プリプリで、新鮮さを物語っています。エビの味噌汁も美味でした。これで最初の目的はクリアです。

DSC03064.JPG
プリプリの海鮮を食す


 お腹が一杯になったら戸田峠まで戻り、西伊豆スカイランを南下します。風早峠から県道59号線に入り、次の目的地である湯ヶ島温泉を目指します。所々幅の狭い林道のようになりますので、対向車に注意して進みます。台風や長雨の影響か、落ち葉、枯れ枝、土砂などが堆積しているところがあり、少々神経を使いました。身体が冷え、疲れも溜まって来た頃に湯ヶ島温泉に到着しました。いつも立ち寄るお気に入りの露天風呂で充分に身体を温めてから帰路に就きました。この日は暗くなる前に帰宅できる予定だったのですが、最後の最後、箱根新道と西湘バイパスの全線が渋滞していて時間と体力を一気に消費してしまいました。おかげで渋滞の中ですっかり日も暮れてしまいました。最後の渋滞は予定外でしたが、海鮮丼とワインディングでお腹一杯になり、友人とも久しぶりに走ることができ、大満足の一日でした。


DSC03070.JPG

DSC03076.JPG
山伏峠付近から夕暮れの駿河湾を望む

nice!(11)  コメント(4) 
共通テーマ:アート
前の1件 | -